地活02

施設利用者の声

 ◇S.Oさん(40代男性)
   統合失調症を主に障害として持つ利用者です。障害についての知識やストレスに対処するコツ等
  を、スタッフがプログラム(種類は実に多様です)を通して教えてくれます。大切な事は丁寧かつ
  ゆっくり教えてくれ、日常生活のリハビリにも役立っているのを実感しています。服薬の継続、生
  活リズムを守る事、何よりも焦らず無理をしない大切さを説いてくれます。部屋の雰囲気も和やか
  で、土日に開所しているのも私的にはありがたいです。

 ◇Y.Nさん(40代女性)
   長い時間「病院」と「家」との往復だけだった人が居る。病棟の窓から見える景色だけで「季
  節」を数えて来た人が居る。そんな人が一歩を踏み出す「きっかけ」の場所。あすぴれんとは、多
  くの事を学びつつ、自身の回復を叶える事が出来る稀有な「地活」だ。集う仲間は意欲に溢れ、支
  えるスタッフは限りなく暖かい。若し、過去に「地活」でのコミュニケーションに悩み、通所を諦
  めてしまった人が居たら、是非、この扉を叩いて欲しい。

 ◇S.Kさん(60代女性)
   スタッフとプログラムについて、私の感じていることをお伝えしたいと思います。スタッフの皆
  さんが「心理職」又は「臨床心理士」であり、その知識や経験がプログラムに反映されている。親
  子ほども年の差のある若者達に病識なるものを学び、自身の病がどんな病であるかが具体的に理解
  でき、病状の波の来かた、休養の必要性、体調の良し悪し等、自覚することができることにより、
  再発を防ぐ事ができた。フリータイムは利用者さんの話で笑い声がたえない。

 ◇Y.Kさん(40代女性)
   まずこの施設を紹介するのに忘れちゃいけないのがプログラムが多彩な事、例えば昼食作り、散
  歩、ボクシング入門など。そしてなにより今現在どこの施設でもやってないであろう病気を学ぶプ
  ログラム。これは本当にためになっておすすめです。あと余談ではありますがスタッフみんながイ
  ケメンぞろい!女性の方おすすめです。もちろん男性の方も。筆無精な私が書いた文章なので良さ
  が伝わらないと思うので、一度ぜひ見学に来てください。

 ◇K.Sさん(30代男性)
   あすぴれんとでは、毎日、楽しく個性豊かなプログラムを沢山提供していただいています。利用
  者自ら広報誌や文集の作成をしたり、様々な障害に関する知識を学んだりしています。プログラム
  時間外もメンバーの皆さんと楽しくお喋りしています。メンバーの一人として、つい行きたくなっ
  てしまうのが、あすぴれんとの魅力だと私は感じています。あすぴれんとでの一日がとても充実し
  ていて、必ず何かを得て家に帰って来る事が出来ます!